名前を呼んでおやつ

【うれしいもの】がたくさんある暮らし

こんばんは、gris-grisの藤です。

今日の散トレ中止は残念でしたが、朝起きたら庭が真っ白だったので、あきらめがつきました。

半年以上かけて(長!のろまなだけです)準備をしてきたので、ガッカリ感がなかったと言えばウソになるけど、その分リベンジは張り切って行きますよ!

決まりましたら、お知らせしますね。

昨晩小麦は、久しぶりに発作の前のような感じがありました。

寝ていて急にガバッと起きて、唸り出すんです。

小麦はよく唸る子なのですが、発作がらみの時は、目つきが少し違います。

昨日は暴れず、目つきもすぐに元通りになったのですけど、物音に敏感で落ち着かないのが続きました。

小麦は一度、落ち着かないぐらいネガティブな気持ちに囚われると、そこから気持を切り替えるのがとても苦手です。

脳の構造上、苦手なことが理解できるので、そこは私がサポートしてあげたいと思っています。

なので小麦が落ち着く声掛けをして、寝かしつけました。

再び寝た小麦の寝顔を見て、ホッとすると共に、穏やかさに導いてあげられるものがあって良かったと、いつも思います。

うれしいものは気持ちをポジティブに向かわせてくれる

大好きな人がかけてくれる言葉や、ハグ。

好きな音楽やおいしい食べ物などなどで、ネガティブな気持ちをなだめられた経験がある人は、多いのではないでしょうか?

それは感情豊かな動物である、犬たちも同じなんですよ。

うれしい♪をはじめ、ポジティブな気持ちを感じるモノには、不安や恐怖、凹んだり悲しかったり・・・といったネガティブな気持ちを溶かしてくれますよね。

そして心をあたためてくれたり、穏やかにしてくれたり、時には気持ちを鼓舞してくれたり。

気持ちをポジティブに向かわせてくれるチカラがあります。

この夜、小麦にかけていた声掛けも、小麦のネガティブな気持ちを切り替えることができる、小麦にとって【うれしい】言葉や私の声、声のトーンでした。

そんな気持ちをポジティブに向かわせてくれる【うれしいもの】が毎日の暮らしの中にたくさんあると良いですよね。

それは、どんな時にも支えてくれるものが周りにあるということ。

その子の生きやすさやしあわせに繋がると思います。

大好きな家族である犬がごきげん♪だったり、うれしそうな姿を見たり、してあげられる事があるのは、飼い主としてうれしいことですよね。

なので小麦たちにとって【うれしいもの】作りに、毎日せっせと励んでいる私です。

【うれしいもの】が多い暮らしは、犬にとっても、飼い主にとっても、心が満たされる豊かな暮らしだと思っています。

こむぎ
こむぎ
今日も微妙にごきげんナナメだったコムさんに、ぽちっ!をありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村