ごあいさつ

はじめまして!gris-gris です♪

はじめまして!

チャーリードッグスクール認定 ドッグコミュニケーションインストラクター 藤 祐子(とう ゆうこ)です。

小さな頃から動物が大好きだった私は、金魚やザリガニ、インコ・犬・猫と一緒に育ちました。

動物に関わる仕事がしたいと大学に進んだものの挫折して、卒業後は動物とは全く関係のないパン職人の道へ進みました。

動物と関わりのない社会人生活をさびしく思いながら送っていましたが、仕事が忙しくて自分のお世話で精一杯。

動物と暮らすことを考えられないまま数年がたち、ようやく環境が整って念願だった犬との暮らしを再び始めることになりました。

『小麦』と名付けた小さなフレンチブルドッグの男の子。

この仔との出会いが、私を今に導いてくれています。

楽しい犬との暮らしを想像して迎えた初日。

その日から血が出るほど咬まれ、ごはんをあげれば唸りながら食べる・・・。

今となっては笑い話ですが、衝撃の初日でした。

小麦と仲良くなるには、どうすればよいのだろう。

それ以後も咬まれ続ける日々が続き、途方に暮れていたところ、チャーリードッグスクール 夏目先生のブログ に出会いました。

スクールの理念や夏目先生の犬育てに感銘を受け、即お世話になることを決めました。

小麦は成長段階において犬ならば当然現れる人にとっては困ることだけでなく、病気が関係している行動もあります。

そんな小麦のことをもっと理解したい、小麦の一生を担うには犬についての勉強をしなければダメだと、CDSドッグコミュニケーションインストラクターコースで更に深く学びはじめました。今も継続して学んでいます。

小麦を育てながら、犬と言う動物を学んで、知って。お互いが歩み寄ることで仲良く暮らせることを知りました。

一筋縄ではいかない犬育ての日々でしたが、夏目先生をはじめたくさんのお仲間に支えられ、今はとても穏やかで楽しい犬との暮らしができています。

犬について学ばなければ、きっと今の暮らしは無かったでしょう。

小麦を通して学んだことは、小麦の後に迎えたひじきや保護猫たちとの暮らしも支えてくれています。

小麦と一つ一つ乗り越えていくたびに、何があっても大丈夫!と犬育てのお守りを渡されているようでした。 

手渡してもらったお守りやわが家の毛むくじゃら達を通して学んだことを必要としている方に届けられたらと思い【家庭犬との暮らし方教室 gris-gris】 を立ち上げました。

迎えた時のかわいいという気持ちを大きく育みながら、わんちゃんと飼い主さんが仲良くごきげんな暮らしができるよう、お手伝いができたらと思います。

どうぞよろしくお願いします♪