犬と仲良くごきげん♪な暮らし

命を思いやる

こんばんは!グリグリの藤です。

お天気が不安定なのと気圧の変動が激しいのが相まって、小麦は連日、唸ったりガブガブしたり、荒ぶっております(笑)

小麦が荒ぶる理由は、コチラ

犬だって調子が悪ければモンクも言うよ! こんばんは、gris-grisの藤です。 私が住む関東地方も雪予報なだけあって、寒い一日でしたね。 おまけに気圧もダ...

こういう日は、些細なことも気になるみたいで、癇に障りやすく、いつもは大丈夫なこともダメなことが多いです。

荒ぶる( ̄∇ ̄) 小麦に合わせて、接し方などを見直すことができたおかげで、今はどんな日も、困ることはありません。

いつもの小麦と、調子が悪い日の小麦。

同じ犬なのに、こんなにも違うんだって、当初はオドロキでした。

こむぎ
こむぎ
ガブガブ大魔王が復活!
ひじき
ひじき
地響きのような唸り声が聞こえる(笑)

そんな小麦を見ていると、やはり体の不調からの行動を誤解される犬がいませんようにと、祈るような気持ちになります。

例えばいつも出来ているのに、突然トイレの失敗が多くなった時。

または「フセ」と言ってもフセなくなった時、あなたは何を思いますか?

私は、病気かな?足や腰やどこかが痛いのかな?と、一番に体調面を気にします。

些細な体の不調から、失敗したり、行動ができなかったり、イライラするのは、犬たちもそうですし、私たち人でも少なくないですよね。

出稼ぎ先で一緒に働くメンバーが、普段しないような失敗をしたら、まず「体調悪いの?」って聞きますし、私がパンを焦がしたら「疲れてる?」って聞かれます。

そういう思いやりを持つのは、犬に対しても同じだと思うのですよね。

なのに心配することをすっ飛ばして、叱られたり、言うことを聞かないとか、わがままだとか。

問題行動とされる話を耳にするたびに、悲しくなります。

犬たちは口がきけませんから、行動で伝えるしかないのですよね。

だから些細な変化から汲み取って、不調に早く気づいてあげたいです。

命を思いやるって、当然のことだと思うのですけど。

それを阻むものを犬の世界から、無くしていきたいな。

かのこ
かのこ
私も頭がぐゎんぐゎんするので、早く寝ます。

ポチッ!をありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村