犬をまじめに学ぶ

犬ってどういう動物なのかを知る

こんばんは!グリグリの藤です。

4月は出稼ぎ先のシフトが薄くて、出勤の度にヘロヘロ。

気が付いたら寝落ちていることがしばしばです。

ブログが更新されていない時は、「また、寝落ちてるな。」と、ぬるく見守ってやってくださいね。(^_^;)

先日、5ヵ月のパピーちゃんのお宅におじゃましました。

天真爛漫で、かわいかった~。

そのまま、すくすく大きくなぁれ♪

しつけなきゃ!と意気込み過ぎず、一緒の暮らしを楽しんでほしいなぁと思います。

小麦が5か月の頃を思い出していたのですけど、私は小麦との暮らしを楽しむ余裕が、まだまだなかったんですよね。

ちょうど夏目先生のお散歩トレーニングに参加しはじめた頃です。

そこから犬について学びはじめたわけですが、学んで一番に思ったのは、【迎える前に知っておきたかった!】でした。

特に犬の成長過程について知った時は、強く思いましたね。

成長というと、何かができるようになったとか、うれしいことを思い浮かべる方が多いと思います。

でも、犬としての成長は、喜ばしいことばかりではないんですよね。

警戒心が強くなる時期があったり、怯えて攻撃的な行動が出やすくなる時期もあります。

思春期で精神的に不安になったり、自分を強く見せようとしたり。(カワイイな♪)

大人の犬になるにつれて、飼い主を頼ろうとしなくなったり。※どれも個体差があります

人にとって困ったり、問題に思えるようなことも、犬的に正しく成長している証拠なのですよね。

小田原お散歩トレーニングに向かう電車の中で(電車とバスを乗り継いて、片道約2時間かけて通っていました。)、小麦が急に吠えるようになったことを相談した時に

「吠えられるようになったね♪おめでとう!!」

とまず言われた時の、衝撃ったらなかったわ~(笑)

今は「おめでとう!」が理解できますけどね。

5ヵ月のひじきと、9ヵ月の小麦。悶絶する可愛さ♪

犬について学ぶ前の私は、犬ってどういう動物なのかを知らなかったばかりに、問題に感じたり、新たに問題を作ったり、悩んでいたのでした。

成長の過程で必ず出てくることなのだから、しつけの失敗でもないし、犬や飼い主さんが悪いことでもないんですよね。

知っていたら、もう少し余裕をもって対応できたんじゃないかなぁ。

もっとチビ小麦との暮らしを楽しめたんじゃなかろうか、と思っています。

知っているのと、知らないのでは、心構えや安心感が違いますもんね。

だから犬と暮らしている人や、これから暮らしたいと思っている人に相談されたときには、犬について学ぶといいよ。

犬たちが人社会でより良く暮らせるよう、成長をサポートするように、穏やかに対処できるようになるよ~と、お伝えしています。

うちの子はもうシニアだから、と思った方もいるかもしれません。

でも成長は変化なので、老いも成長。

つまり犬は、一生成長し続けるんですよね。

だから学び始めるのに遅いということはないです。

そして情報は、日々更新されているので、学び続けることも大事だと思っています。

私もモリモリ学び続けますよ~♪

一緒に学びませんか?

 

 

こむぎ
こむぎ
ぼくたちのことを知ってもらえると嬉しいワン♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村