犬と仲良くごきげん♪な暮らし

犬と人の常識は違う

こんばんは!グリグリの藤です。

3月に入り、あっという間に一日が過ぎていきます(^_^;)

明日は、一年で一番パンを焼く日がやってきます。準備をしただけで、今夜はやや廃人ぎみです。

そして週末は、ちばお散歩トレーニングの開催と、踏ん張りどころな私。

体調を整えて、頑張らねば!です。

叱って教えることはわかり難い

先日、叱らなくていい環境を整えるといいですよとお伝えしました。

これを読んで、中には「悪いことは悪いと教えなければ(=叱る)いけないのではないですか?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

【悪いこと】と教えたくなる気持ちもわからなくもないですが、その【悪いこと】と思う行動は、人にとって都合が悪いことで、何も教えてもらっていない犬にとっては、当然のことであることを知っていただきたいです。

犬は、目の前にあるものを咥えて齧りたい動物だし、一か所でトイレをする習性はありません。

またうれしい気持ちを飛びついて表しますし、吠えることはコミュニケーションなので、吠えます。

犬はイタズラやしてほしくないことをするものなんですね。

その犬にとって当然のことを叱られたら、犬たちは混乱するのではないでしょうか。

叱ると一瞬行動が止まるので、効果があるように感じますが、大きな音や痛みにびっくりして、行動が止まっているだけなんです。

何をすればよいのかを犬は教わっていないので、同じシチュエーションでは、同じ行動をくり返すでしょう。

また叱るという飼い主さんの反応が、行動を繰り返す原因になることもあります。

困ったことに、長期的に見て効果がないにも関わらず、一瞬でも行動が止まるので、飼い主さんは叱ることを止められなくなってしまうのです。

それでも犬の行動は繰り返されますので、言葉で叱ることからどんどんエスカレートしていき、体罰や虐待へと進んで行きます。

そういう危険な叱り方をされた犬は、飼い主さんに対して警戒するようになり、唸るや咬むなどの新たなお困りごとが起きるかもしれません。

そして最悪の場合は、飼育放棄へと進む可能性もあります。

叱って教えるというのは、犬にとって理解しづらいだけでなく、犬と飼い主さんを精神的に追いつめる危険な方法だと思います。

犬にわかりやすく伝えよう

だからといって犬の好き放題にさせていては、お互いの心地良い暮らしが成り立たないですよね。

なので叱るかわりに、まずは正しい行動をしやすい環境を整えて、たくさんほめて正しい行動を教えましょう。

私たちもそうですけど、ほめられると嬉しいので、繰り返したくなりますよね!

正しい行動を増やせば、次第にしてほしくない行動は減っていくと思います。

またいくら環境を整えていても、全く行動をさせないということは難しいこともあると思います。

そんな時は、大好きな飼い主さんの「しないよ」や「おしまい」という穏やかな声掛けや、そっと体を止めるというような穏やかな方法で行動を止めたり、反応を返さずに「それは違うよ」を伝えます。

このような犬にわかりやすい方法で、伝わるまで伝え続けたいですし、伝わる=コミュニケーションが取れる関係になれるように、暮らしを重ねていきたいです。

落ち着いて対応するために

いざほめようと思っても、イタズラされたり、してほしくないことばかりに目が行きがちだし、心中穏やかではいられないですよね。

私もそうだったので、よくわかります。

そういう時には、まずは深呼吸ですよ!

そして【犬と人の常識は違う】ということを念頭に置いて対応すると、冷静でいられるのではないかなと思います。

私はこれまで犬と暮らしてきて、犬について学ぶ(犬にとっての常識を知る)ということに、たくさん助けられてきました。

なので、みなさんにも学ぶことをおすすめしています。

私が学んでいるのは、コチラです→ 犬の森

叱らなくていい環境を整える こんばんは、グリグリの藤です。 今日は、日中あたたかくて、うれしい1日でした。 朝イチで小麦と病院(狂犬病予防接種で...
こむぎ
こむぎ
色々やらかしてくれた頃が懐かしいです。

ぽちっ!をありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

犬と手をつなぐように繋がり、まるでノーリードのような犬も人も楽しいお散歩ができるように、リードワークを学びませんか?

>> 詳しくみる