犬と仲良くごきげん♪な暮らし

犬に好かれる人になるために、自分のふるまいを意識する

こんばんは、gris-grisの藤です。

今日は、心待ちにしていたヒグチユウコ展【CIRCUS】に行ってきました。

すごい作品数で、見応えたっぷり!

繊細なタッチで描かれた、美しくてかわいくて、そしてちょっぴり毒もある不思議な生き物たちが織りなす、ヒグチユウコさんの世界観にどっぷりつかり至福の時でした。

会期中にあと3回は行きたいぐらい、中毒性がありますね。

すてきだったー!

ネガティブな刺激も結びつく

先日、【名前を呼んでおやつ】について書きました。

宿題にしていた、古典的条件づけについては、調べて頂けましたか?

これを知っていると、犬との暮らしがより豊かになるので、はじめは???かもしれませんが、頑張って調べてみましょう。

私もわかりやすく説明できるように努めますね!

さて、簡単にさらっと復習します。

犬にとって【意味のない刺激】と【ポジティブな刺激】を一緒に犬に与えることをくり返します。

刺激と刺激が結びつくと、意味のない刺激がポジティブな刺激に変身しますよ~

というのが、名前を呼んでおやつでした。

※もっと深い取り組みなのですが、今の段階ではここまでとして、少しずつ説明していきますね。

名前を呼んでおやつは、ポジティブな刺激しか使いません。

ですが同じ原理を使って【 】の中に入るものが、痛みや大きな音、ビックリや恐怖などの犬が不快な刺激だった場合、ネガティブな刺激に変身してしまうんです。

ネガティブな刺激を犬たちは嫌いになったり、避けたりするようになります。

叱らないことをお願いした理由の一つは、飼い主さんがネガティブな存在になってしてしまうからでした。

動物は危険を察知する能力に長けているので、ネガティブなことは1回で結びついてしまうこともあります。

またポジティブな刺激も、ネガティブな刺激も、人が意図的に結び付けようとしなくても、自然に結びついてしまうんです。

自分のふるまいを見直す

もし叱っていないのに、犬がよそよそしかったり、ビクビクしていたり神経質だったりする場合、もしかしたら自分では気づかない内に、犬にとってネガティブなものと結びついているかもしれません。

私はかなりガサツでして(^_^;)

寝ているひじきのそばをバタバタと歩いたり、突然さわってビックリさせてしまったり。

カメラを首にかけていることを忘れて、うん様回収のために前屈みになったら、カメらが小麦の頭に直撃してしばらく警戒されてしまったり。

他にも色々、ヤラカシテきた過去があります。

ひじき
ひじき
おちおち寝てられないわよ~
こむぎ
こむぎ
安心して暮らせないよ。

コムひじに鍛えられて、随分おしとやか(当社比)になりましたけど・・・。

これじゃ、叱ってるのと変わりがないですよね。

うっかりや自分では気づいていないふるまいが、犬をビックリさせたり不快にさせてしまうことがあります。

そうならないためには、普段から自分のふるまいを意識して、「犬から見て、どうなんだろう?」を考えるといいのではないでしょうか。

お散歩トレーニングでは、お散歩バッグはリュックやウエストバッグなど、体に固定できるものを持つようにお願いしています。

これは人が前屈みになったり、しゃがんだ時に、バッグが揺れたり、バサーっと犬の頭に落ちて、ビックリさせないための配慮なんです。

そういう思いやりを持って、接してくれる人のことを犬は好きだと思います。

犬に好かれる人を目指して、自分のふるまいを見直していきたいですね。

私も、もっとうんと仲良くなりたいから、見直しをがんばります!

みぞれ
みぞれ
 読んだよ~のぽちっ!をありがとうございます

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

犬と手をつなぐように繋がり、まるでノーリードのような犬も人も楽しいお散歩ができるように、リードワークを学びませんか?

>> 詳しくみる