セミナー

犬育てに悩んだら

こんばんは、グリグリの藤です。

2日連続で、犬のお勉強へ。

今日は、キャンパスおだわら 【犬との暮らし方教室@セシオン杉並】(講師:夏目真利子先生)に参加しました。

犬と暮らしはじめると、多くの方が思いがけず悩むことがあるのではないでしょうか。

私は小麦を迎えると同時に、犬育てに悩む日々が始まりました。

そこから犬について学び始めたのですが、当時問題だと思ったことって、犬を知らなかったから問題に感じたり、新たに自分で問題を作り、悩んでいたことが多かったんですよね。

小麦との暮らしがすっかり落ち着いたと感じたのが、6歳の時でした。

この6年という月日は、小麦が成長した時間でもあり、私が犬について学び、理解して適切な対応を取ったり、犬にとって一番の環境である自分自身を整えられるようになるために、必要な時間だったと思っています。

その6年間、そして今も、繰り返し学んでいるのは犬との暮らし方の基礎です。

夏目先生の講義では、まずは「犬ってどういう動物なのか」をみっちりと学びます。

犬という動物を知ると、何か問題が起きても「犬だものね」と、おどろいたり焦ったりせずに対応できます。

困ったことも、人にとって問題に感じるだけで、犬にとっては当然のことだったり、犬も困っているということが理解できれば、叱ったり無理やり止めさせるのではなく、お互いに歩み寄って解決する方法を選べますよね。

犬語を学んで犬の気持ちがわかるようになれば、犬のことを思いやったり、仲良く暮らすことにつながります。

犬にとってのメインイベントであるお散歩を楽しませてあげたいから、リードワークを頑張りたくなります。

犬という動物を正しく知ったうえでのしつけやトレーニング、そして犬との暮らしは、犬がもともと持っている良いものを引き出したり、犬と人が楽しみに向かうためのものであって、叱って犬も人も悲しくなるものではないんですよね。

学びを重ねる毎に、私と毛むくじゃらたちのしあわせが重なる部分が広がっていって、そして自分の中に少しずつ犬育ての軸ができてきました。

軸ができたあたりから、悩んだり不安に襲われることがなくなったように思います。

今も、色々あるけれど・・・。

気負わず、楽しい毎日を過ごしています。

今、犬育てに悩んでいる飼い主さんは、犬という動物を知らないからかもしれませんよ。

まずは犬について学んでみませんか?

 

夏目先生の講義は、とてもあたたかくて、ほっとするんですよね。

私もあたたかいものを届けられるように、がんばろう(かなりがんばらねば!)と強く思ったのでした。

夏目先生、ご一緒したみなさん、あたたかい学びの時間をありがとうございました。

こむぎ
こむぎ
スパルタな小麦先生と学びのおかげで、肝っ玉かぁちゃんになれました。ぽちっ!をありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

 

 

 

 

犬と手をつなぐように繋がり、まるでノーリードのような犬も人も楽しいお散歩ができるように、リードワークを学びませんか?

>> 詳しくみる