名前を呼んでおやつ

身をもって伝えてくれたこと

こんばんは!グリグリの藤です。

今日は、男の子の健やかな成長を祈る、端午の節句ですね。

柏餅は食べましたか?

上の写真は、先日お散歩に行った公園での一コマ。

5月の清々しい空に、はためく鯉のぼりを見ると、元気をもらえますね!

小麦は、鯉のぼりより匂い嗅ぎでしたけど・・・。

犬らしくて、よろしい♪(笑)

5月5日はみぞれを想う日

さて、5月5日は私にとっては、とても思い入れのある日です。

猫のみぞれを見送った日。

そして、CDSドッグコミュニケーションインストラクターの認定をいただいた日です。

小麦育てが少し落ち着いて、ひと段落したところに、突然現れたみぞれ

駆け抜けていった287日と短い生涯の中で、みぞれが私に教えてくれたものは、はかり知れません。

みぞれとの日々は、学んできたことを総復習するような毎日でしたね。

小麦を迎えてから犬について学んできて、それは犬の事だけれど、猫にも、すべての命に通じるものだったと、ひしひしと身に沁みました。

種が違う家族が増えるのですから、何もないわけがなくて。

毎日ドタバタだったけれど、学びのおかげで悩むことはなかったし、とても楽しく、しあわせな毎日だったと心に残っています。

特にFIP(猫伝染性腹膜炎)を発症してから見送るまでの約1ヶ月は、学んできたことが私を力強く支えてくれました。

中でも「名前を呼んでおやつ」で作った、みぞれにとってうれしいものは、みぞれの負担を和らげたりと、何度となく助けてくれたんです。

そして、そういうものを私が与えられるということが、私を精神的にも落ち着かせてくれましたし、救いでした。

みぞれを見取って、日々の積み重ねは、最後の日に繋がっていると強く感じました。

私の手や声をはじめ、存在そのものが、みぞれにとって、どういうものであるか?を問われているような日々は、学んできた【種が違う動物と暮らすときに大切なこと】を身をもって教えてくれたと思っています。

みぞれが伝えてくれたこと、その全てが私の宝物です。

夏目先生の優しさ溢れる粋な計らいで、みぞれを見送った日に、認定をいただいたこと。

それは、「ぼくが伝えたことを必要な人に手渡してね!」という、みぞれとの約束だと思っています。

みぞれとの約束を果たせるように、気持ちを新たに頑張って行こう!と改めて心に固く誓った5月5日でした。

みぞれ
みぞれ
いつもお空から見てるよ~

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村