犬と仲良くごきげん♪な暮らし

応援してくれる仲間がいる

こんばんは!グリグリの藤です。

昨日は、わが家の小麦のうちの子記念日でした。

なのでコチラのブログをお休みして、私の犬育てブログ【小麦中毒】を更新していました。

もう9回目だなんて、早いですね。

写真を見ながらふり返っていたら、本当に感慨深く、こみ上げるものがありました。

必死で育てていた、お迎えからの3年半。

思春期が落ち着いて、ひと山越えた感じがした4年目。

そこからグングン成長を見せてくれて、大変だった日々には想像できなかったぐらい、とても穏やかな日々を過ごしています。

とはいっても、何も問題がないわけではありませんよ。(問題と言うより、私の課題ですね。)

毎日いろいろありますが、悩んだり凹んだりすることなく、何とかなっています。

迎えたその日から、血が出るほど咬む子と、どうすれば仲良くなれるのか。

病気をはじめ、変えられない状況や環境のなかで、より良く暮らすためにはどうすればよいのか。

犬を学びながら、小麦を育てるなかで、どちらかがガマンするのではなく、お互いが歩み寄ることで仲良く暮らせることを知りました。

悩みや問題がない事がしあわせなのではなく、悩みがあっても何とかできたり、出来るように学ぶことが大切なんですよね。

暮らしをより良くしようと試行錯誤をする中で、お互いの小さな成長によろこんだり、うれしい発見があったり、心が通じ合う瞬間があったり。

時には泣いたりしながらも、犬と向き合うことが一緒に暮らす醍醐味であり、しあわせなんだと教えてくれました。

犬について学ばなければ、今の暮らしはなかったでしょう。

そして、これまで犬育てをしてきた日々から得られたものは、私の宝物になっています。

私の人生の中で3本指に入るぐらい大変な犬育てでしたが、いつも心強い仲間がいて、応援してくれました。

時には助けてもらったり、胸の内をただただ聞いてくれて、良い刺激や影響を与えてくれて、どんな時も「大丈夫!」と言ってもらえたことで、どれだけ頑張れたか計り知れないです。

なので今大変な思いをしている人に、今度は私が「大丈夫」を伝えていけたらと思っています。

1人で取り組んだり、向き合わなくてはならない時も、応援してくれる仲間の存在は大事なんですよね。

1人で悩まずに、ぜひ一緒に歩きながら、犬について学びませんか?

こむぎ
こむぎ
次の一年も、かぁちゃんをビシバシ鍛えるつもりです!

いつも応援のぽちっ!をありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村