目指せ!肝っ玉かぁちゃん

犬はそのままで

こんにちは!gris-grisの藤です。

先日の記事で、私は小麦の噛みをはじめとする日々の問題を解決したくて。

犬を変えようと思ってお散歩トレーニングに参加しはじめたと書きました。

水元お散歩トレーニングに参加しました こんにちは!gris-grisの藤です。 昨日は、チャーリードッグスクール 夏目先生の水元お散歩トレーニングに参加しました...

ですがお散歩トレーニングで犬たちが変わったなと感じるとき、そこにはやっぱり、ステキに変化している飼い主さんがいるのですよね。

そんなペアの姿をたくさん見て、犬を変えるのではなく、人が犬たちから学んで自分を変える必要があると思うようになったのでした。

私しだい

小麦とひじきを育てる中で、犬を変えるのではなく、私だ!とハッとすることは何度もありました。

そのひとつが小麦と取り組みを重ねてしばらく経った頃。

取り組みが実を結び始めて、それまでお手上げだと感じていたことも、何とか対応できたり乗り切れるようになっていました。

そんな中で時々、うまくいかないことがありました。

このうまくいかないのは、なぜ?!をふり返ってみたら・・・。

小麦がどうこうじゃなくて、全部私しだいじゃん!ってことに気づいたのです。

例えば、ハーネスをつけるときに、急いで雑に付けようとすれば(無意識です^^;)、小麦は噛んでイヤだ!を伝えてくれました。

また気持ちを切りかえてあげたい時に、私がいくら声をかけてもイライラしながらであれば、気持ちを切り替えるどころか一向に落ち着かず、ガブガブしてました。

そもそも私が気をつければ、問題そのものが起きないとか。

他にも、色々・・・。

小麦(犬たち)にとって、一番大きな環境は飼い主である私で、私が思っている以上に影響を与えているんですよね。

これに気づいてからは、毎年年始に掲げる目標も、

かぁちゃん
かぁちゃん

小麦はそのままで。

私がその時々で、適切なものを与えられるように頑張る!

に変わりました。

また問題が起きてもなんとかなる!し、なんとかする!と、取り組みを続ける勇気と自信にもなったし、とても晴れ晴れした気持ちになったことを覚えています。

確かに自分を変えることは難しいです。

(今も絶賛、継続中♪)

でも、犬と私の暮らしをより良くするためだから、そこは頑張りたい。

こういうことも含めて犬と暮らすことだし、犬と暮らしていないと味わえないおもしろさでもあると思っています。

犬と頑張る飼い主さんを応援します!

ただ、私もそうでしたけど、大変なときは本当に大変ですよね。

それに取り組むことも自分を変えることも、飼い主さん自身でしかできないことなので、一人ではくじけそうにもなると思います。

私もたくさんの人に支えてもらってきましたから、次は私の番。

犬と頑張る飼い主さんを応援したいと思っています。

ひとりで頑張らないで、ぜひgris-grisに声をかけてくださいね。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村