犬をまじめに学ぶ

正しい身体の使い方って大事!

こんばんは!グリグリの藤です。

今日は、ちょっくら都会に出て【山の歩き方とトレーニング方法】のセミナーに参加しました。

私には【死ぬまでにやりたい野望リスト】(笑)というのがあるのですが、その中のひとつが富士登山です。

日本一の山に登りたい!と思いつつ、気圧にヤラレル体質だとか、夏は食欲がなくなって、毎年ヘロヘロになることを憂えて、富士山が山開きをする頃に、ガイドブックをながめているばかりでした。

ですが今年は、年明け早々になぜか「行かねば!」という強い気持ちがわき上がって来て、少しずつ準備をしているところです。

まずは6月に、富士山の1合目から5合目までを登って、標高差を体験することを目指しています。

今年、登頂に挑戦するかどうかは、その時に決めようと思っているんですけどね。

そんな野望に向けての、セミナー参加でした。

平地とは違う山登りには、山を歩くための技術があって、正しい姿勢で登ることで、疲労が少なく、安全に登ることが出来るんですよね。

身体に真っ直ぐな線を作り、重心を移動させて前に進むとか、足の着き方とか。

本を読んで理解していたつもりでしたが、実際に、先生に見てもらいながら段差を登ると、これが全然できていなくて、難しいのですよ!

これから毎日練習を重ねて、動きを改善していかねばです。

本番前に改善点が見つかって、良かった!

他にも毎日のトレーニングのお話などなど、盛りだくさんの内容だったのですが、基本の正しい身体の使い方を知れたのが、一番よかったです。

正しく身体を使うことの大切さについての講義は、CDSのリードワークにもリンクするなぁと感じながら聞いていました。

リードワークでは、リードのさばき方を学びますが、同時に学ぶ飼い主の身体の使い方が重要なんですよね。

リードを持つ手や、身体の軸を正しく保つことなど、正しい所作や動きなどの【基本の型】をまず身につけます。

その上で、犬の動きに合わせて動くことで、犬にも人にも負担がかからない、楽しいお散歩ができるようになるんですよ。

先日のリードワークワークショップでも感じたのですが、やはりその道のスペシャリストにコツを習うと、最短で格段に上達するんですよね。

なので、何事もまずは【基本のキ】をスペシャリストに学ぶようにしている私です。

犬を家族に迎えたら、毎日必ずリードを手にしますが、その使い方や飼い主の身体の使い方を習うなんて考えたこともなかった!と、いう方も多いかもしれません。

知らなかったばかりに、無意識のうちについてしまった自分のクセを見直すことで、お散歩でのお悩みが解消したり、毎日のお散歩がガラリと変わりますよ♪

ご興味がある方は、ぜひ!

こむぎ
こむぎ
リードワークを学べば学ぶほど、おもしろいですよ♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村