本で学ぶ

リードワークの教科書

こんにちは!グリグリの藤です。

ゴールデンウィークは通常運転のつもりだったけれど、過ぎてみれば、意外と疲れていることに気づいた今日この頃。

みなさんは、大丈夫ですか?

出稼ぎがお休みの今日は、お散歩とやらなくてはならない最小限の事をやったら、あとは体を休めつつ積読を解消しています。

おススメしたい本がいくつかあるのですが、今日はコチラ↓

このブログでも、しつこいぐらい(笑)おススメしているCDS夏目先生のリードワーク

ゴリ押しするのは、CDSのリードワークを知らないのは、本当にもったいないと思うから。

良いものに出会ったら、誰かに教えたくなるじゃないですか♪

その教科書ともいえる本です。

リードワークの基礎を学ぶと、犬と手をつなぐようにリードで繋がって、まるでノーリードのような楽しいお散歩を犬にプレゼントすることができるんですよ。

リードの基本的な持ち方やハンドリング、飼い主の体の動かし方などを学んで見直すと、リードショックなどの罰を一切使わずに、お散歩でのお悩みを軽減したり、犬たちが犬らしく、イキイキと歩くことをサポートできるようになるんです。

また犬だけでなく人の負担も軽くなるので、一緒に歩くお散歩が、さらにハッピーで楽しいものになるんですよ~

1年かけて見直した(まだまだ継続中)時に、リードワークでこんなに変わるんだって感じました。

ワークショップに参加されることをおすすめしていますが、参加される前にこの教科書を読んでおくと、参加された時に、先生のお話がスーーッと染み入ると思います。

また参加された後も、教科書を読むことで、何をしているのかが見えてくるのではないでしょうか。

そして参加できなくても、リードワークの理念を知ることで、犬との暮らしに活かせることがたくさんあると思います。

ワークショップでも学ぶのはリードワークだけど、リードワークに留まらない学びが得られるんですよね。

この本からも、そのエッセンスが受け取れますよ。

ご興味がある方は、ぜひ♪

 

こむぎ
こむぎ
お散歩が楽しいと、ぼくたちはうれしい♪
ひじき
ひじき
Kindle Unlimitedなら読み放題ですよ!

すばらしい技術をいつも惜しみなく与えてくれる、太っ腹な夏目先生に感謝! 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村