リードワーク

リードワークワークショップに参加して、日々改善!

こんにちは♪gris-grisの藤です。

鯉のぼりが元気に泳ぐ空の下、チャーリードッグスクール夏目先生のリードワーク・ワークショップに参加しました。

先生のお話をじっくりと聞きたかったので、わが家の犬たちにはお留守番をしてもらいまして、メモを取りながらかぶりつきで受講しました。

リードワークのワークショップが始まってから継続的に参加していますが、自分のリードの使い方や体の使い方や動き。

犬への接し方やコミュニケーションの取り方など。

毎回、改善点をいくつも見つけることができます。

チャーリードッグスクールのリードワークは、リードの使い方のみにあらず。

犬との暮らしに必要で大切なことが、ぎゅぎゅっと詰まっているのです。

3メートルリードを有効に使いながら、リードをゆるめて(引っ張らずに)犬と歩くのですが、そこを意識しながら歩くと、これまで自分がいかにリードで犬を操作しようとしていたことに気づきます。

リードを介して犬に与える影響はとても大きくて、私の場合は犬を操作しようとリードを引っ張っていたことが、お散歩のお悩み行動を繰り返す原因でした。

またリード以外の私の働きかけも、思っていた以上に犬たちに影響を与えているんですよね。

それらを知ると、犬たちをどうにかするのではなく、まずは自分を変えることを頑張りたいと思うのです。

お散歩は犬のためのものだから、犬たちに存分に楽しんでもらいたい。

でも、せっかく一緒に歩いているのだから、意思疎通をしたり、一緒に歩くことを楽しいと思ってもらえるとうれしいし、犬たちが困っているときには頼られて、手助けしてあげられるといいなと思います。

そんなお散歩の伴走者になる事を目指して、もっとうんと学ぼうと思ったリードワーク・ワークショップでした。

夏目先生、犬先生と大切な犬のリードを託してくれた飼い主さん。

そしてご一緒した皆さんありがとうございました。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村