犬と仲良くごきげん♪な暮らし

犬がうれしい物を携えて病院へ行こう

いつかの病院でのPIC↑

こんにちは♪gris-grisの藤です。

昨日はわが家の小麦と病院に行って、持病であるてんかんのお薬をもらうついでに、フィラリアの検査も受けてきました。

3月に入ると狂犬病予防注射にはじまって、フィラリア予防にノミダニ予防、混合ワクチンなどなど。

【春のおつとめ】で、病院に行く機会が増えますよね。

わが家は犬猫3頭の多頭飼いなので、6月までしばらく病院通いが続きます。

かのこ
かのこ
犬猫にもお財布にも優しいように、少しずつです♪

小麦は後ろ足が悪いこともあって、血管がかなり細く、採血がいつも大変なんです。

(先生もとっても大変そう)

今回はフィラリアだけでなく、肝臓の数値なども診てもらうため採血量が多く必要で、足を圧迫されながらの採血でした。

なのでいつもより時間がかかったのですけど、先生と看護師さんと私の盛大な「おいしいね~♪」の声かけの中、最後までおやつをムシャムシャと食べながら、余裕で終わったのでした。

処置が長くなると食べてるどころじゃなくなるので、また一歩成長を見せてくれました。

こむぎ
こむぎ
スゴイでしょ!

今でこそ診察台の上でおやつも食べられる小麦ですが、過去には大暴れしたこともあるのですよ。

そんな小麦が診察台の上で暴れずに過ごせるように、やってきたことはただ一つ。

声をかけたり、おやつを食べたり、小麦が落ち着く心地よい保定をしたりして、処置されていることが気にならないようにしてきました。

そのために毎日の中で、小麦の恐怖や不安などネガティブな気持ちを溶かしてくれる、うれしい物や大好きな物をたくさん作り続けています。

それらをたくさん携えて、診察にのぞみます。

そして、その時々の小麦に合わせて、アイテムを繰り出して乗り切っています。

こうやって気にならないようにしてあげることで、少しずつ【大丈夫】が増えていって、犬たちの負担を軽くしてあげられるのですよ。

恐怖や不安などネガティブな気持ちを溶かしてくれる【うれしい物】は、どうやって作るの?と思われたら、コチラも読んでくださいね↓

食べ物以外に好きなもの♪目の診察がある時は、強面スタイル(笑)で受診します♪ こんばんは!グリグリの藤です。 猛烈に暑い1日でしたね。 お散歩に出...

自分が不安や恐怖を感じて、今にも逃げ出したくなる時を想像すれば、犬たちが思わず暴れたり、鳴き叫んだりするのも理解できますよね。

そんな時に、「じっとして!」なんて言われても、じっとできるわけがない。

叱ったり、辛抱させるのではなくて、どうやったら落ち着けるかな?

自分ならどうして欲しいかな?を考えます。

私は歯医者が苦手で心臓が飛び出しそうなほどなので、歯医者での自分を想像しながら、ウチの子たちが診察を乗り切れるようにサポートしています。

犬がうれしい物を携えて、春のおつとめ期間を乗り切りましょうね!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村