叱らない

イタズラからくみ取る犬の気持ち

こんにちは!

gris-gris(グリグリと読みます)の藤です。

真夜中にゴリゴリと聞き慣れない音がして目が覚めました。

音がする方へ、近づいてみると・・・。

本のカバーは、ビリビリで修復不可能でした。(涙)

そこには、本を一生懸命に囓って破壊する、ひじきが!!

ひじきの届く範囲に本を置いておいたのがいけないので、もちろん叱りませんよ。

ただ、わが家はいつも犬猫たちの届く範囲に、本が置いてあるんですよね。

環境を整えることが大事ですよーと、お伝えしておきながらですが^^;

ふだん本を囓ることをしないひじきが囓ったのが気になって、ここ最近の暮らしをふり返ってみました。

というのも、犬たちは言葉で伝えることができないので、しぐさや行動で様々なことを伝えてくれているんですよね。

それがイタズラや、問題行動という場合もあります。

体調が悪くてイライラするとか、お散歩が足りないなどの犬としての要求が満たされていないとか・・・。

ひじき
ひじき
どうして囓ったのかな?

今回のひじきは、体調は大丈夫そうなので一安心。

暑くてお散歩が十分にできない日々が長く続いているのに加え、ここのところ短いお散歩を十分に補うことができていなかったし、あまり構ってあげられてませんでした。

うーむ、反省。

ひじきも犬ですから、ただ興味を持って囓ってみたくなったのかもしれません。

ですが反省点を補いつつ、環境を整えて様子を見ようと思います。

行動からくみ取ろう

イタズラで終わらせたり、悪いことと決めつけてしまうと、犬たちからの大切なメッセージを見落とすことがあります。

なので「どうしてかな?」は、考えてあげたいし、考えることで解決への道筋が見えてきますよ。

私たちもそうですけど、理解してもらえるってうれしいですよね。

だから行動に込められた気持ちをくみ取ってもらえたら、犬たちもうれしいのではないでしょうか。

犬たちの気持ちをくみ取れる、飼い主を目指したいですね!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村