接し方

犬に好かれる人は細部に宿る

こんにちは!グリグリの藤です。

本日予定していましたちばお散歩トレーニングは、雨天のため中止しました。

二転三転する天気予報に、かなり悩んで前日に決めたのですけど。

思っていたよりも早く雨がやんだので、あの時間に雨がやむなら、時間を午後に変更したら開催できたなぁ(T_T)と、楽しみにしていただけに、未練たらったらの私でした。

焼き上がりを特等席で待つ二匹。近すぎ!!

かぁちゃん
かぁちゃん
張り切って、お肉もお芋もたんまりと焼いたんですよ!

本当に残念でしたが、スパッと気持ちを切り替えて、11月に向けて準備を始めます。

今月の分も、11月は楽しくモリモリと歩けますように!

犬にやさしい接し方を身につけよう

さて、お散歩トレーニングでは、犬におやつをあげるときの【おやつの持ち方】や【あげ方】をお伝えしています。

「おやつにあげ方なんてあるの?」とか、「口に入ればいいのでは?」と思われた人もいらっしゃるでしょう。

そもそも、おやつをあげるときの自分の動作や、手のカタチを意識していない人が多いと思います。

私も勉強するまで、全く意識をしていませんでした^^;

犬にとって自然な姿は、マズルを下に向けた姿勢です。

食べ物を食べるときも、下を向いて食べるのが自然で、犬にとっては楽チンなんです。

だから、私たちがついついやってしまいがちな、上を向いて食べさせることは、犬に負担をかけてしまうんですよね。

また、上を向いておやつを与えると、興奮につながることがあります。

おやつを持つ手も、向きが違うだけで、犬にプレッシャーを与えて食べづらくしてしまいます。

※詳しくは、お散歩トレーニングでお話ししますね。

おやつのあげ方ひとつとっても、犬にやさしい方法があるんですよ。

↑これはやさしくないあげ方です^^;

私の周りの犬に好かれる人たちは、おやつのあげ方はもちろん、洋服を着せたり、ハーネスの装着やリードをつけるとき。

抱っこをするときや、犬のそばを歩くときや、お世話全般などなど。

犬に接するときの所作が、細部まで丁寧でやさしくて、犬に親切なんですね。

犬の骨格や体の動きに沿っているので、犬たちに負担がないですし、犬たちも嫌がらずに協力してくれます。

がさつで女子力ゼロの私は、犬に好かれる人の細部まで気を配る所作には、はっとさせられる事ばかりでした。

人にとっては、ほんの少しの細かいことや、気にならないことも、犬目線では、とても大きくて重要だったりするんです。

そんな細かいところまで気を配っていると知った時の、おどろきったらなかったなぁ。

だからこそ、犬に好かれるのだと納得だったのですけどね。

それまでの自分の所作を改めて、好かれる人の所作をまねするようになってから、首輪をつけるのも、足を拭くのも、何をするにも咬みが出ていた小麦が、咬まずに受け入れてくれるようになりましたし、小麦との距離がぐっと近くなったと感じるようになりましたから。

犬にやさしくて、親切な接し方を身につける事は、犬と人が仲良くごきげん♪に暮らすために、とても大事だと思っています。

今のままでもうちの子は平気だから、接し方を変えなくても大丈夫だと思うかもしれません。

でも、それは犬が寛容だからかもしれないし、犬がガマンしてくれているのかもしれませんよ。

どんな犬にも受け入れてもらえる、犬にやさしくて、親切な接し方を身につけたなら、きっと、もっとずっと仲良くなれるんじゃないかな♪

読んだよ~のぽちっ!をありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村