元気に過ごそう

暑さは大敵!

こんばんは!グリグリの藤です。

全国各地で梅雨が明け、暑い日が続いていますが、お変わりはないでしょうか?

夏本番になった途端、出稼ぎ先の空調が壊れまして。

もうれつに暑い中、パンを焼いておりました。(昨日もまだ直っていなかった ToT )

帰宅後は、もうぐったりで、毛むくじゃらのお世話をしたら、一度寝ないと自分のお世話(笑)ができないほどです。

暑いと、本当に体力を消耗しますね。

その上、週末は台風で気圧にヤラレ、そこからとぉちゃん(夫です)が出張で母子家庭となり、パソコンを開く前に寝落ちる毎日。

そんなわけで、1週間ぶりの更新となりました。

犬と人の違いを知ろう

空調が壊れてから、パン生地を発酵させる機械(生地の種類にもよりますが、30℃前後)の中よりも、暑い厨房の中で動いているのですけど、オーブンを開ければ、熱風が顔に当たるし、呼吸をするたびに暑い空気が体の中に入ってきて、どんどん身体に熱がこもって、苦しかったです。

暑い中のお散歩って、こんな感じなのかな?

いや、もっと暑いかな??と想像しながら焼いていました。

最近は、あまり見かけなくなりましたが、まっ昼間に犬のお散歩をしている人をたまに見かけます。

また夕方、少し日が陰った頃には、お散歩をしている人が意外といたりして(わが家の周りだけでしょうか?!)、熱中症にならないかとハラハラする私です。

犬と人の、体感温度は違うのですよね。

地面から立ちのぼってくる放射熱の影響は、地面に近いほど大きい(=温度が高い)です。

飼い主の感覚で「少し涼しい」と感じても、犬にとってはかなり暑かったりします。

また、肉球がヤケドするのも、暑さが体に与える影響も心配です。

なので気温と地面が熱いうちのお散歩は、避けたいことのひとつです。

庭ちっこの後に、小麦が望むので少しだけ日光浴。口が開いたら、即おうちの中へ。

また、犬と人は、体温調節の仕方も違います。

犬たちは、体中が被毛に覆われているうえに、汗腺が発達しているのが足の裏にしかなく、人のように全身に汗をかいて体温調節をすることができません。

そのかわり「ハァハァ」とパンティングをして、体温を調整します。

なので身体に熱がこもりやすいんですよね。

だから気温も湿度も高いのが苦手だし、扇風機だけでは、犬の身体は冷えないです。

体温調節の仕組みを理解していれば、どんな対策をするのが良いのかがわかりますよね。

犬と人の違いを知ることで、熱中症などの思わぬ事故につながることを防ぐ一助になると思います。

やっぱり知ることって、大事ですよね。

情報を集めて、確認と対策をしよう!

犬猫の熱中症について、知らない人も、知っている人も、今一度情報を集めて確認しておきましょう。

予防はもちろん、なってしまった時の対処まで知っていると安心です。

まだまだ暑い日が続きますので、しっかり対策をして、元気に夏を乗り越えましょうね!

ひじき
ひじき
かぁちゃんはバテているけど
こむぎ
こむぎ
ぼくたちは元気です!

いつも応援のぽちっ!をありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村