散トレ・参加レポート

チャーリードッグスクール 横浜お散歩トレーニングに参加しました

こんにちは!グリグリの藤です。

2020年も、あっという間に2月になっちゃいましたね。

1月は、ブログが滞ってしまいました^^;

ここから気持ちを新たに、犬についてをはじめ、動物福祉に沿った犬との暮らし方や、お散歩トレーニングについてなどなど。

犬と飼い主さんの暮らしが、豊かになるようなブログを再び綴っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします♪

チャーリードッグスクールのお散歩トレーニングに参加しました

昨日は、チャーリードッグスクール夏目先生のお散歩トレーニング@横浜に、家族全員で参加して、モリモリと楽しく歩いてきました。

私自身の勉強のためでもあるのですが、犬たちに犬としての楽しい時間をプレゼントしたくて、参加を続けています。

参加されるみなさんは、同じように【犬たちのために】と集う方たちばかり。

犬たちにとって良い環境となれるよう、それぞれが学んだり、自分を変えることを厭いません。

だからこそお散歩トレーニングが、あたたかくて穏やかな空気に包まれるし、犬たちと飼い主さんの笑顔でいっぱいなのだろうな。

そのような先生とみなさんで整えられた、良い環境の中を一緒に歩くことで、犬たち、そして私たち飼い主も、様々な良い学びを得ることができるんです。

今回も、リードワークをはじめ、接し方など、たくさんのことを学び、持ち帰りました。

ごきげん♪に歩いていた小麦でしたが、最後の最後で、私がやらかしまして・・・。

久しぶりに、小麦を激怒させてしまいました。

お騒がせして、スミマセン^^;

でも、ごきげん♪を取り戻して帰路につけたから、ヨシ!としよう。

小麦との暮らしも長くなって、ずいぶんツーカーの仲になれてきましたが、今でも時々、失敗したなぁと思うことがあります。

完璧にできればいいのでしょうけど、難しいですね。

ただ今回もですけど、失敗から気づくことは多いです。

なので『ごめんね』って謝って、許してもらいながら、気づきを次に活かして、暮らしをより良い方向に進めて行けば、いいのではないかと思っています。

そのようにサクッと前向きに考えられるのも、お散歩トレーニングでは、飼い主も犬たちと同じように、叱られたり、攻められることがないからです。

今回もみなさんに、温かく見守っていただいたおかげで、落ち着いて対応することができました。

咬んだり、吠えたりをはじめ、一般的には煙たがられるようなことも、どうしてするのだろう?と理解しようと犬に寄り添い、またそのような犬を連れた飼い主さんのことを心から応援する。

これまでも何度となく感じてきたことですが、このようなトレーニングの場があるって、本当にありがたいなぁと、強く感じたお散歩トレーニングでした。

夏目先生、ご一緒したみなさん、楽しい学びの時間をありがとうございました!

 

お読みいただきありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村