散トレ・参加レポート

水元お散歩トレーニングに参加しました

こんにちは!gris-grisの藤です。

昨日は、チャーリードッグスクール 夏目先生の水元お散歩トレーニングに参加しました。

ひじきと電車通学をする予定だったのですが、エリカラをつけたままキャリーバッグに入ってもらうのは厳しいので、急遽犬なしでの参加となりました。

お天気も良くて、絶好のお散歩日和♪

犬なし参加でも、犬と一緒の時と同じようにリラックスして、楽しく有意義な時間を過ごしましたよ。

かぁちゃん
かぁちゃん
夏目先生、ご一緒したみなさん、ありがとうございました!

夏目先生にリードワークのレクチャーを受けて歩き出すと、犬たちがイキイキと歩き、リラックスしてお散歩を楽しみはじめます。

犬たちは思い思いに匂い嗅ぎをしていて、飼い主さんはそれにお付き合いしているし、走っているペアもいれば、抱っこのペアもいます。

とにかく犬も人も笑顔だし、リラックスしていて、笑い声が絶えません。

その様子を見たら、本当にトレーニングなの?!って思う人もいるかもしれません。

でも、昨日もたった2時間の間に、ぐぐんっと社会化が進んだりと、犬たちは成長を見せてくれました。

叱らず穏やかな場の中で、犬たちが学んだり育っていくのをこれまでたくさん見てきました。

また社会化について知るほどに、叱らず穏やかな場で過ごすことで得られるものは、犬にとっても飼い主さんにとっても大きいと感じます。

バス停のお花がきれいで、思わずパチリ。

犬たちが変わったなと感じるとき、そこにはやっぱり、ステキに変化している飼い主さんがいるんですよね。

私は参加した当初、小麦の噛みを解決したくて、犬を変えようと思っていました。

でも、お散歩トレーニングで犬たちが変わる姿を目の当たりにして、犬を変えるのではなく、人が犬たちから学んで自分を変える必要があると思うようになりました。

どう変わればいいのかは、犬たちが教えてくれています。

犬たちが教えてくれることを受け取るためには、犬から学ぼうと思う気持ちや、犬を知るために学び続けることが必須ですけど。

犬を家族に迎えたときに、「幸せにしよう」とか「大切にしたい」と誰もが思ったはずです。

その想いを叶えるためだから、学ぶことや犬たちのためにと頑張ることは、飼い主としての幸せだなって思います。

何より、犬たちが犬らしくイキイキと過ごしている姿を見るのは、うれしいですしね!

たくさんの気づきを持ち帰ってきました。

気づいたら、後は自分を変えるのみ!

帰宅後に、さっそくわが家の犬先生たちとお散歩に出て復習です。

お散歩トレーニングで学ぶことは、お散歩トレーニングの場でしかできない特別なことではなく、お家に持ち帰って犬との暮らしの中で実践できることばかり。

なので、犬なし参加もオススメですよ~♪

かぁちゃん
かぁちゃん
朝から晩まで、お散歩三昧♪

飼い主冥利に尽きる一日でした。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村