目指せ!肝っ玉かぁちゃん

お願いしてみよう

こんにちは!グリグリの藤です。

昨日は、小麦のてんかんのお薬をもらうのと、いつもの定期ケアで、動物病院に行ってきました。

先生の診察を受けた後、動物看護師さんや他の先生にバトンタッチして、爪切りをしてもらいます。

かかりつけの病院では、引き継ぎがしっかりとされていて、はじめて小麦の爪切りをしてくださる方も、みなさん小麦に触れる前には、必ず小麦のリラックスに繋がることをしてくださいます。

私がお願いしなくてもやってくださるので、うれしくなりました。

遠慮せずお願いしてみよう

はじめての病院や、検査でかかりつけではない病院にお世話になる時など。

病院に限らずですが、はじめて小麦に接する方には、小麦の取扱説明(咬むことがありますとか、顔回りを触られるのが苦手です、などなど)を伝えると共に、協力してほしいことを必ずお願いしています。

お願い事といっても、声をかけてほしいとかで、そんなに難しいことではないですよ。

普段の診察の時もですが、お願いして良かったなと一番感じたのは、小麦が入院したときでした。

入院の前に先生と打ち合わせをして、してほしいことやしてほしくないことなど、お願いしたいことを伝えましたました。

私がお願いしていたことを全てやってくださったおかげで、1度目の入院の時のように、大暴れすることなく入院生活を送ることができたのです。

あまりにも大人しいので、具合が悪いんじゃないかと先生が心配するほどだったのですよ。(元気ピンピンでした!)

1度目と2度目の入院の間に、取り組みをさらに重ねた成果もあるとは思いますが、先生たちのご協力がなければ、その成果も出せなかっただろうし、穏やかには過ごせなかったと思っています。

小麦だけじゃなく、ひじきもかのこも受診するときには、それぞれがリラックスして受診できるように、お願いしていることがあります。

先生たちにお願い事をするのは、ちょっぴり勇気がいりますよね。

ご迷惑かな?とか、診察の邪魔かな?と気を遣って、お願いすることを躊躇してしまう方も多いかもしれません。

ですが、犬たちの負担を軽くすることは、先生たちの診察のしやすさにも繋がるので、聞いてもらえることが多いと私は感じています。

できないことは、できないと言ってくださいますし、中には協力してもらえない病院もありましたけど^^;

もちろん先生たちにお願いするばかりでなく、私もお願いをするからには、先生やスタッフさんの負担が減るように、マズルガードをつける練習をしたり、保定や足先を触られても平気にするなど、お家でできる限りのことをしますよ。

このように、犬に関わる人たちで協力できるといいと思うのですよね。

犬たちの負担を軽くしてあげられるし、それは巡り巡って、人の負担を軽くすることにも繋がるのではないでしょうか。

昨日も小麦は、暴れずに診察をこなして頼もしい限り。

病院の後のお口直し(気分転換)のお散歩でも、お尻からおんぷ♪が出るほどごきげんでした♪

これから春のおつとめで、病院に行く機会も増えますよね。

犬たちの負担を軽くしてあげられるようにして、臨みたいですね。

私も、せっせと取り組みを頑張ります!

食べ物以外に好きなもの♪目の診察がある時は、強面スタイル(笑)で受診します♪ こんばんは!グリグリの藤です。 猛烈に暑い1日でしたね。 お散歩に出...

お読みくださりありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村