成長過程

ヤサグレ思春期①

こんにちは!グリグリの藤です。

相変わらず、すきま時間を見つけては、チクチクと刺繍を楽しんでいる私です。

ついに、ひじきが完成!

ひじきの毛並みを刺繍するのが、うちの仔の中で、いちばん難しいです。

これまで何度もひじきを刺繍してきましたが、今回初めて、アゴや口周りに増えた、白い毛を刺繍しました。

小麦もひじきも、あっという間に9歳。

早いですね・・・。

小さな頃、特に思春期の頃は大変で、「早く大人になって!」なんて思ったこともありました。

これは小麦が1歳5か月、ひじきが1歳の頃の写真です。

思春期まっ只中の二匹。

特に小麦は、目がつり上がって、おデコのしわも深く、苦虫をかみつぶしたような顔をしていますよね。

当時はかわいい♪と思って写真を撮っていたのですけど、この頃の写真を見返すと、全部このように目がつり上がった、険しい顔の写真ばかりでした。

犬猫の先生にも、お仲間にも、会う度に「苦悩した顔をしてるね。」って、言われていました。

犬にも思春期があるの?って思った方もいらっしゃると思います。

いつから始まるかや、どのくらいの期間つづくのか、どのように現れるのかも、個体差があるのですけど、犬にもあるのですよ。

小麦は6ヶ月を過ぎた頃から、これまでと違うなぁと感じることが出てきたと、記録に書いてありました。

自分を大きくみせようとしたり、強がってみたり、私と根競べになったり、とぉちゃん(夫です)にヤサグレたり。

そんな思春期が、落ち着いたと感じたのは、なんと3歳半を過ぎてからでした。

いや~、長かった!(笑)

てんかんの発作が出はじめた時期とも重なるので、その影響もあるでしょうけど、色々と派手にヤサグレていましたので、それはもう壮絶な毎日でした。

かなり手こずりましたし、何度泣いたかわかりません(^_^;)

一方ひじきは、とてもマイルドでした。

1歳を過ぎた頃に、急に家具を齧るようになったのと、とぉちゃんの言うことだけ(笑)を全く聞かなくなりました。

焦ったとぉちゃんは、ひじきだけを連れて、遠くのお散歩トレーニングにまで、せっせと通いだしたのでした。

3歳半ぐらいまでの急な変化は想定内です

これまでと違った行動や様子があらわれたり、急に言うことを聞かずに試すような行動が見られたりすると、とぉちゃんみたいに焦りますよね。

これまでの育て方や、しつけが悪かったのかな?と、考える方もいるかもしれません。

ですが3歳半ぐらいまでの、急な変化は普通にあることで、犬として、正しく成長している証なのですよ♪

育て方やしつけが間違っているからでもないし、飼い主がナメられているのでもないので、安心してくださいね。

成長と聞くと、何かができるようになったりとか、うれしいことを想像する人が多いと思います。

でも、犬としての成長は、このような思春期だったり、警戒心が出てきたり、吠えられるようになったりと、人にとってうれしいことばかりではないんです。

犬としての成長が、どういうものかを知っておくことで、突然の変化にも焦らず対応することができますよね。

また、犬の一生を担う飼い主として、知っておくことは大事だと思っています。

こむぎ
こむぎ
ヤサグレ思春期について、つづきます・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村