叱らない

犬のフリ見てわがフリ直そう

こんばんは!グリグリの藤です。

一夜明けたら、夏になってましたね~

庭で排せつした後、いつもなら匂い嗅ぎをしたり、しばらく庭で過ごすのですが、今日はさすがに暑いのでしょう。

すぐに玄関に戻ってきましたよ。

さぁ、これから夏本番!

暑さ対策をしっかりして、元気に乗り越えましょうね。

見て学ぶ犬たち

社会的な動物である犬たちは、見て学ぶという模倣学習の能力に長けています。

多頭飼いのわが家。

同じことをしたがるし、よく見てるな~

お互いに学び合っているな~と、感心することがよくあります。

学んでほしいことも、学んでほしくないことも(笑)

小麦は、車に乗っていて、駐車場に止まると「あべべべーーん!」と鳴き出すので、いつも小麦を先に降ろしていました。

それを何度も見ていたひじき。

自分も早く降りたかったのでしょうね。

ある日突然、ひじきまで、駐車場に止まったら「あべーーーん!」と鳴きはじめました。

それまで、「あべーーーん!」なんて声で鳴いたことがありませんでしたから、小麦の鳴き真似してるよねと、とぉちゃんと大笑いしたのでした。

お散歩トレーニングでも、落ち着いたセンパイ犬のふるまいを見て、犬たちがふるまいを改めたり、学ぶということがよくあります。

思春期の頃の小麦は、穏やかな男子センパイと一緒に歩きながら、私に咬んで当り散らすという行動を自制することをはじめ、本当に多くのことを学びました。

若い犬(特に男子)には、【負けるが勝ち】を体現し、ふるまいなどの模範となり、犬としての生き方のロールモデルとなるような存在が、いるといいと思っています。

そんな見て学ぶ能力に長けている犬たちは、同族(犬)からだけでなく、一番そばに居る飼い主からも、よく見て、学んでいるのですよ。

最近はほとんどなくなりましたが、小麦とお散歩中に、「さわらせてください」と聞かれたり、聞かずに突然手を出されることが、しばしばありました。

小麦は咬むことがあるので、全てお断りしています。

ですが時々、断っても「大丈夫よ~」と、強引に(^_^;)さわろうとする人がいたんですね。

咬傷事故だけは絶対に避けなければならないので、私は焦って、慌てて、イライラもして。

「やめてくださいー!」って、声を(少し?!)荒げたことがあったんですよね。

そんなことが数回続いたあと、お散歩で話しかけてくる人に、小麦が吠えるようになりました。

急に吠え出して、どうしちゃったかな~なんて思っていたのですけど。

そんな折に、犬の勉強を復習していて、私が自分のふるまいで、小麦に吠えることを教えたんだと、ハッとしたのでした。

こむぎ
こむぎ
かぁちゃんが慌てて吠えていたから、ぼくも吠えたんだ~

常に、お互いに学び合っている、犬と私たち。

まずは飼い主である私たちが、犬たちになってほしいように、ふるまわなくてはならないのですよね。

そのことを肝に銘じた出来事でした。

今は、おさわりや、犬同士を近づけることをどんなにシツコク(^_^;)要求されても、穏やかに対応していますので、小麦が吠えかかって行くこともほぼなくなり、時には立ち話にも、お付き合いしてくれています。

わがフリを直そう

犬たちにお悩みを抱えているならば、まずは自分をふり返るといいですよ。

あまり認めたくないことに、たくさん気づいて、ワキ汗をたっぷりかきますが(^_^;)

そこから、解決の糸口が見つかることが多いです。

そして気づいたら、自分を変えることを頑張って、犬たちに倣ってもらえるような、飼い主を目指したいですね。

まとめ

・犬たちになってほしいように、人がふるまおう。

・どんな時も、まずは深呼吸して、リラックス♪

ひじき
ひじき
犬たちから教わることが、たくさんありますね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村