犬をまじめに学ぶ

遠回りのようで近道

こんばんは!グリグリの藤です。

朝は、ずいぶん過ごしやすくなりましたね。

匂い嗅ぎをしても、ハカハカしなくなったので、お散歩の〆にお庭で【おやつバラ撒きノーズワーク】をして楽しみました♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

小麦のかぁちゃんさん(@komuhiji_base)がシェアした投稿

ノーズワークをやっている小麦はもちろんですが、小麦が犬らしく、スンスン探している姿を見ている私もワクワクするし、楽しいのですよ。

自分でバラ撒いておきながら、オヤツがどこにあるのか、私には全くわからない(見えない)のだけど、小麦は全部見つけるのですよね。

すごいな!って、毎回、感心します。

匂い嗅ぎをはじめ、犬と暮らしていると、毎日目にする行動や仕草。

時にはヤラレタ~と思うようなことでさえも、おもしろいと感じたり、感心したり、事によっては諦めたりして(笑)、悩みが悩みでなくなったのは、犬について学び始めてからでした。

例えば人間目線で見ると、汚いように思える排泄物の匂い嗅ぎも、犬たちが情報交換をしているのですよね。

それがわかれば、汚いように思えても、犬にとっては必要なことだと理解できます。

また、犬は干からびたミミズの死骸とか、クサいものに体をこすりつける動物であることを知っていれば、体をこすりつけることで悩んだり、叱ろうと思わないですよね。

私もそうだったのですけど、犬という動物への理解不足から、悩んだり、問題に感じたり、新たに問題を作ったり。

対処を間違えて、大変な思いをして犬育てをしている人が、多いのではないでしょうか。

問題がある時、手っ取り早くその解決方法を知りたくなりますが、まずは犬について知ること。

遠回りのようで、これが一番の近道だと思います。

かぁちゃんのお勉強に付き添うひじき。

小麦の咬みに悩んで、犬について学ばなければ、小麦を育てられないと始めた犬の学びでしたが、犬について学ぶ度に、犬たちのすばらしさに気づいて、尊敬と愛おしさが増していきました。

肝っ玉かぁちゃんを目指して、こむひじに教えているつもりが、実は犬たちから教わることの方が多いことに気づいたり。

慰めてもらったり、勇気づけてくれたり、落ち着かせてくれたり。

どちらが保護者なのかわからないですね。

親子のような関係でもあるけれど、私にとっては対等で大切な相棒です。

学んでいく中で、解消した悩みもあるし、悩みがあっても楽しく暮らせることを知りました。

小麦を迎えた時には、想像していなかった、今の犬との心豊かな暮らしは、犬についての学びがあってこそだと思っています。

問題があっても、なくても、犬について学ぶことで、犬との暮らしが楽しく、豊かなものになりますよ!

何より、大好きな家族である犬について、知ることそのものが楽しいですしね。

あなたも、犬について学びませんか?

こむぎ
こむぎ
明日も犬のお勉強に行ってきます♪

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村