叱らない

行動を理解して犬の気持ちに寄り添いたい

こんばんは!グリグリの藤です。

気がつけば、7月も後半ですね。

部屋中に干された、乾かない洗濯物を見て、うんざり(^_^;)

そろそろ梅雨が終わってほしいなぁ~と思う今日この頃です。

問題行動にはする理由がある

さて、毛むくじゃらの家族と一緒に暮らしていると、イタズラしたり、吠えたり、咬んだり、困った行動に悩むことがありますよね。

飼い主にとっては【問題行動】ですが、彼らにとっては、ちゃんと意味がある行動で、必要だからしているのですよ~

って言うと、おどろかれる方が多いかもしれません。

応用行動分析学(行動の仕組み)を学んで、問題行動にはする理由(=行動の機能)があることを知りました。

問題行動をしている時、実は犬たちも困っていて、自分で何とかしようと、行動を使って解決しようとしているのです。

だから犬が問題行動をするのは、人を舐めているでもないし、人の上に立とうとしているのでもありません。

わがままだからとか、性格のせいでもないんですよね。

例えば、吠える行動に困っているとします。

飼い主さんから注目されるから吠える犬もいれば、したいことができるから吠える犬もいます。

また感覚刺激が現れるから吠える犬もいるかもしれませんし、イヤなことから逃れられるから吠える犬もいるでしょう。

同じ【吠える】という行動でも、犬たちが問題行動をする理由はそれぞれ。

無駄吠えというものは、ないのですよね。

だからどうしてその行動をするのか?を考えずに、【吠えにはこの方法】というような、マニュアル的な対処では、解決は難しいのではないでしょうか。

犬の気持ちに寄り添おう

飼い主さん的には、問題行動だと思うと、まずは止めさせたいと考える人が多いと思います。

ですが問題行動だけに注目して止めさせたとしても、犬が困っている元々の原因にアプローチしなければ、違う問題行動をするようになるかもしれないし、根本的な解決にはならないです。

また、叱って止めさせようとすることが、行動をくり返させる原因になり、逆効果になることもあります。

私は、問題行動は犬たちからの切実なお願いだと思っています。

そう思うと、この子は何を望んでいるのだろう?とか、してあげられることは何だろう?と考えて、お互いにとって良い解決の糸口が見つかるし、問題行動をされても、冷静に対応することができるんです。

問題行動=悪いこと 決めつけずに、行動を理解して、問題行動をしないわけにはいかない、犬たちの気持ちに寄り添いたいですね。

こむぎ
こむぎ
ガブガブ咬むのにも、ちゃんと理由があるよ!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村