目指せ!肝っ玉かぁちゃん

自分のごきげん♪を保ってニュートラルでいよう!

こんばんは!グリグリの藤です。

2月なのに、日中は上着が必要ないほどあたたかい日があったりして、やはり今年は暖冬ですね。

気持ちよく晴れた日や、気温が上がる日には、お散歩に行きたくてウズウズします。

そんな日は、小麦とひじきそれぞれを誘って、家事もそっちのけでお散歩に出ます。

先日も、お昼過ぎからぶらぶらと歩いていたのですが、あっという間に夕方になっていました。

わが家では、よくあることです。(笑)

この時期の楽しみは、梅林公園での梅見お散歩です。

ふだんは閑散としている公園なのですが、梅の花が咲くこの時期は、カメラを持った人や、お子さん連れなどで賑わっています。

人とすれ違ったり、話しかけられる度に、小麦は私の足をクンクンと嗅いでいました。

私はこれを【安全確認】と呼んでいます。

わが家の小麦は、昔から私の足をよく嗅ぐ子でした。

どういうときに嗅いでいるかを観察してみると

  • 人や犬が向かってきたり、すれ違う時
  • 見慣れないモノに出会った時
  • 立ち話をする時
  • 突然、音が鳴り始めた時
  • 私が足を止めた時

などなど。

お散歩中や家の中などでも、小麦的に「ん?」と感じるときに、嗅ぐことが多いようです。

犬は嗅覚が優れているので、匂いを嗅いで確認しているのだろうとは思っていたのですが、対象物ではなく「何で私の足なんだろう?」って、ずっと不思議だったのですよね。

そんな折りに、犬たちは嗅覚を通して人の感情を敏感に読み取ることができることが、研究で明らかになったことを知りました。

私の犬猫の先生であるチャーリードッグスクール夏目先生がブログでご紹介くださっていました。

これを知った時に、犬について学んできたこと(私はコチラで犬について学んでいます→ドッグカレッジ犬の森)や、犬の嗅覚について書かれている本で読んだこと。

そして今までの出来事が結びついて、「なるほど~!」っと思わず膝を叩いたのでした。

おそらく小麦は、私が放つ匂い(感情)で、状況を確認しているのだと思います。

そしてこの時に私が放つ匂いによって、小麦は安心したり、危険だと感じて吠えたりしていたのだろうな。

なので【安全確認】です。

犬たちは、飼い主から出る匂いをはじめ、声かけや声色、リードの引っ張りや、動きなどなど。

様々な反応(刺激)をきっかけに、その状況でのふるまいや行動を決めていたりします。

つまり、飼い主というフィルターを通して、様々なことを知る動物なんですよね。

だから私から発するモノで、犬たちが誤解したり、しなくてもいい行動をすることのないように、いつも自分のごきげん♪を保って、ニュートラルでいることを心がけています。

学び続けていると、こんな風に疑問に思っていたことと、学びがバチバチッと繋がることが、度々起こります。

これが楽しくて!

だから、学ぶことは止められないんだな♪

ひじき
ひじき
犬たちの嗅覚にリスペクト!

お読みくださりありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村