犬語で会話しよう

大声になる前に気づいてあげたい

こんにちは!グリグリの藤です。

昨日は、犬の気持ちを知るために【イヤだのサイン】を知っておくといいですよ、ということを書きました。

犬がどう感じているかをキャッチする こんばんは!グリグリの藤です。 湿度の高い一日でしたが、いかがお過ごしですか? 湿度が高いと、不快だし、体が重く、だ...

このような些細な変化をキャッチできることが、犬と仲良くなるコツだと思っています。

イヤだのサイン、クジラ目の他に何があるか、調べてみましたか?

ペロンと鼻を舐めるとか、体をかくとか、眠くないのにあくびをするとか・・・。

調べると、色々と出てきますよね。

例えば【あくび】のように、同じ仕草でも、その時々で意味が違うものがあります。

なのでその一瞬だけでなく、前後の状況の流れから、理解する必要がありますね。

唸ったり咬んだりは、強いサイン

犬が唸ったり咬んだりするのも、イヤだのサインなのですよ。

クジラ目が小声だとしたら、唸るのは大声。

そして咬むのは「イヤだ!」と叫んでいるといったところでしょうか。

それぐらい、非常に強いサインです。

あなたがいやがらせを受けているとして、小声で注意してもやめてくれなければ、しだいに注意する声が大きくなっていきますよね。

それでもやめてもらえなかったら、どうしますか?

私だったら・・・

「いい加減にしてー!<(`^´)>」って、ブチ切れるかも(笑)

犬たちも、小さなサインで伝わらなければ、強いサインで伝えます。

小さなサインで伝わらないから、唸ったり咬んだりして、伝えるしかないんです。

小さなサインで伝わらないことが続いたら、小さなサインでは伝わらないと理解して、小さなサインを出さずに、強いサインを出すようになることもあります。

またイヤなことが起こると感じる時には、イヤなことが起こる前に、強いサインを出すことを選択するかもしれません。

イヤなことを回避するために行動を起こすのは、人も含め動物であれば当然のことですから。

なので、小さなサインで伝えてくれている時に、キャッチしてあげたいのです。

イヤだと伝えていることを叱らないで

唸ったり咬むことを叱る人もいますね。

イヤだと伝えることは、悪いことなのでしょうか?

イヤだという気持ちを受け入れてもらえず、さらに叱られて追い詰められたら、コミュニケーションが成り立たず、犬たちは混乱すると思います。

小さなサインの内に理解してもらえたなら、唸ったり咬んだりする必要はないのですから、咬まなくてはならない犬の気持ちに寄り添って、叱らずに対応してあげたいですね。

ガブガブ大魔王だった小麦。

病気に起因する咬みもあるけど、それ以外の咬みは、私が小さなサインを見逃していたのが主な原因でした。

小麦の咬みをなくしたいと思っていたけれど、実は私が咬ませていたんですよね。

これに気づいた時は、ショックでしたけど(^_^;)

小さなサインに気づくこと、そして自分を変えることで、今は仲良く穏やかな毎日を過ごしています。

 

こむぎ
こむぎ
かぁちゃんったら、全然伝わらなかったの!
かぁちゃん
かぁちゃん
ごめんなさい~

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村