お散歩トレーニングについて

犬も人も叱らない

こんにちは!gris-grisの藤です。

仕事柄、飼い主さんのお悩みをお聞きする機会があります。

このブログでお悩みや問題行動は、飼い主さんにきっかけや理由があることも多いですよ~と書いているからでしょうか?

「こんなこと言って大丈夫かな?」と、とても申し訳なさそうにお話しくださる方がいらっしゃいます。

私は、犬たちも飼い主さんも叱りませんよ~

アドバイス(人によっては厳しく感じるかも?!)はしますが、責めることもないので、ご安心くださいね。

(責められているように感じる方がいたらゴメンなさい^^;)

話しにくい中に解決の糸口が隠れていることもあるので、話してくださってありがとうございます!って思います。

例え飼い主さんに問題の原因があったとしても、私もそうだったのですけど、知らなかっただけで、問題を起こそうなんて思っていないし、むしろ良くしようと頑張った結果だったりするのですよね。

それを叱ったり責めたりしても何の解決にも繋がらないですから。

それに犬たちは、飼い主さんを通してこの世界を見ています。

飼い主さんが叱られるのを見て、犬は何を感じ学ぶでしょうか?

叱るということは、社会化とは真逆のことをやっていることになります。

社会化の場であるお散歩トレーニングも、どこかでガウガウはじまったり、ハッチャケたり、吠えたりしても、叱ることはもちろん、誰かを責めたり、非難するようなお仲間はいないですよ。

お勉強中の犬と飼い主さんをあたたかく見守る方たちばかりです。

みんなそうやって、成長させてもらってきましたから♪

なのでどうぞ安心してご相談くださいね。

一緒に犬も人もごきげん♪な解決方法を考えていきましょう!

また私では解決が難しい場合は、信頼できる方におつなぎします。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村