元気に過ごそう

どうしてその行動をするのだろう?

こんにちは。gris-grisの藤です。

アジサイがもう咲いている!っと思ったら、あちこちで早々と梅雨入りしましたね。

梅雨はジメジメとして鬱陶しいのに加え、気温や気圧の変化が大きくて、体調に影響を与えますので、犬も飼い主も体調管理をしっかりしていきたいところ。

影響を受けやすいワンコさんの中には、いつもは大丈夫なことが大丈夫でなかったり。

噛んだり唸ったり、吠えなどのお困り行動が出やすい犬もいます。

この時期故のことなので、体調と合わせて色々と気を配ってあげたいです。

こむぎ
こむぎ
気圧の変化が激しい日には、ボクも機嫌が悪くなったり荒ぶったりするよ!

家族である犬が、噛んだり唸ったり吠えたり・・・お困りの行動をすると、心穏やかではいられなくなりますね。

そして何とか止めさせようとする人が、ほとんどではないかと思います。

ですが、止めさせる前に「なぜそんな行動をするのだろう?」と、考えてみたことはあるでしょうか?

私たちが「どうして?」と思ったり、困った行動でさえも、犬たちにとっては必要で、意味があるからしています。

その理由や原因は色々ありますが、中には病気や体調不良からであることもあるのですよ。

犬たちだって生きていますから、少し考えれば当然だなってわかるのですけど。

困っていたり問題だと感じていると、なかなか思いやることが難しかったりしますよね。

わが家の小麦はてんかんの持病があって、発作が原因で唸ったり噛んだりがあります。

ですがてんかんだとわかるまでの約1年半ほどは、ずっと【行動の問題】として対応していたのです。

唯一の救いは、どんなに噛まれても叱らず、罰や痛みを与えるようなトレーニングをしなかったこと。

ですが病気だとわからなかったとは言え、小麦のことを全く思いやってあげられなかったと、ずっと後悔が残っているのです。

小麦と同じように病気や体調不良が原因の行動なのに、【行動の問題】とされている犬たちがいるのではないか。

またその犬たちが、叱ったり痛みを伴うような、厳しい訓練をされているのではないかと心配しています。

噛む犬に対しては、罰も仕方なしと言う意見をまだまだ多く聞きますのでね。

病気や体調不良が原因の場合は、まずは治療をしないとどれだけトレーニングをしても行動はなくなりません。

また原因が病気や体調不良以外の場合も、理由や原因を考えずに、ただ行動を止めさせただけでは、犬たちのニーズが満たされずまた別の問題が起きることもあります。

病気や不調からではないですか? こんにちは!グリグリの藤です。 先日、小麦が【てんかん】だと診断されて、丸8年が経ちました。 犬のてんかん発作という...

なのでお悩み行動が起こった時には、一呼吸置いて。

まずは「どうしてかな?」を考えてあげて欲しいと思います。

9年前の私のように、後悔をする人がいませんように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村