犬語で会話しよう

心を通わせることができたら、うれしい♪

こんばんは!グリグリの藤です。

出稼ぎ先で、年に数回の、パンを大量に焼く日を間近に控え、準備でバタバタする日が続いています。

パンを作ることは大好きだし、出稼ぎ仲間にも恵まれているので、おおむね楽しく働いているのですが、時にはモヤモヤすることがあります(^_^;)

出稼ぎに限らず、ネガティブな気持ちになることは、誰だってありますよね。

犬猫たちは、飼い主の感情の変化に敏感です。

彼らに不安を感じさせず、安寧を与えられる存在でいたいから、何があっても、毛むくじゃら達の前では、不機嫌さとかイライラを見せないように努めています。

なので、ネガティブな気持ちは、家に持ち帰らないことにしています。

心が荒ぶる日(笑)は、カフェなどに行って、リセットするようにしているのですが、時間がなくて、リセットできないままだったことがありました。

私が犬部屋に入ると、私の足元にやって来て、匂いを嗅ぎ、そこらじゅう走り回るのが小麦とひじきのお迎えスタイルです。

だけどその日の小麦は、私の匂いを嗅いだ瞬間、ビックリして少し飛び退いて、その後私にくるりと背を向けたのでした。

この犬が横や後ろなどに、体の向きを変えるのは、カーミングシグナルのひとつ。

少し落ち着こう!と、相手に伝えているんですよね。

匂いで感情までも、理解することができる犬たち。

自分では、いつも通りにしていたつもりだったのですけど、きっと匂いで全部バレバレだったのでしょう。

小麦のビックリした様子と、「かぁちゃん、落ち着いて!」の犬語にハッ!として、そこからすーーーーっと、心が穏やかになったのでした。

伝わるって、うれしい♪

もし、私が犬語を学んでいなければ、背を向けた小麦を見ても、「いつもと様子が違う。どうしたのかな?」としか思わなかったでしょう。

でも、学んでいたおかげで、小麦の言わんとすることが理解でき、自分を整えることができました。

一緒に暮らしていると、こういうことが、ちょくちょくあるんですよね。

犬たちって、ほんと侮れないです。

その後小麦もすぐに、いつもどおりになったので、私に伝わったことが理解できているのではないかな?!と思っています。

お互いに意思疎通ができて、理解しあえた時、心を通わせることができた♪とうれしくなりますよね。

犬とはそういう関係になれるのに、例えば罰や痛みを使って意思を伝えることをして、コミュニケーションを破綻させてしまうのは、すごくもったいないと思うのです。

だから私たちは、犬の言葉を覚えて、犬たちにも人の言葉を覚えてもらって。

双方向のコミュニケーションを取りながら、お互いに、相手の意見を尊重したり、譲歩したりして、暮らしを重ねていきたいですよね。

私も、まだまだですけど・・・。

そんな犬との暮らしは、心があたたかくなるし、オモシロくて、楽しいですよ♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村