お散歩トレーニングについて

犬もいろいろ

こんにちは!グリグリの藤です。

日毎に、秋の気配が深まっていくのを感じますね。

暑い時期は、引き籠りがちだったので、外で過ごせることがうれしい♪

ついついお散歩の時間が長くなって、あっという間に一日が過ぎていきます。

先日のお散歩で、ハジメマシテのパピーちゃんに会いました。

パピーらしい動きと愛らしさに、思わず目じりが下がります。

「かわいいですね~、毎日楽しいですね~」と言って、飼い主さんを見上げたら・・・。

飼い主さんは、眉を八の字にして困り顔。

「(小麦は)落ち着いていて、いいですね。うちの子は、こんな感じでぜんぜん落ち着かなくて・・・・。」と、お話が続きました。

お話を聞いた後、「パピーちゃんですから、普通ですよ。」と私が言ったとたん、飼い主さんの表情が、パッと明るくなりました。

犬との暮らしが始まったばかりで、大変さの方が勝っていたようです。

その上、お散歩に出れば、周りの犬たちは落ち着いて見えて、うちの子はどうして、こんなに大変なんだろう?って不安になる飼い主さんの気持ち、私もそうだったので、わかるなぁ。

小麦を迎えた当初は、私も余裕がない日々を過ごしていたし、不安なことも多くありました。

でも、当時を振り返ると、私自身が犬に慣れていない。

つまり、犬を知らないから問題に感じたり、悩みを作ってしまっていることが、たくさんあったのですよね。

人が犬に慣れ場所

お散歩トレーニングには、大きな犬から小さな犬まで。

年齢も性別も、犬種も、性格も、お悩みも、様々な犬たちが集います。

自分の犬以外の犬たちの様子を目の当たりにすることで、犬にも様々な子がいることに気づきました。

自分の犬に加えて、これまで一緒に歩いてくれた、たくさんの犬たちが、私の中の【犬という動物について】の思い込みを良い意味で崩してくれたんですね。

私が生涯で一緒に暮らせる頭数は、そんなに多くないですから。

この経験は、宝物だと思っています。

小麦は育てにくさはありましたが、小麦だけがそうなのではないし、特別な犬ではない。

咬んだり唸ったり、時に大暴れしたり、ハッチャケルこともあるけど、普通の犬で、特別なトレーニングが必要なことはなく、どんな犬も、しつけの基本は一緒だと知れたことは、本当に大きかったです。

お散歩トレーニングは、犬たちの社会化の場であり、人が犬に社会化する場所。

いろいろな犬がいることを知って、犬たちから学んで、人が犬に慣れる場でもあります。

一緒に歩きながら、たくさんの犬たちを観察して、あなたの中の犬という動物について、正しく上書きをしていってくださいね。

ひじき
ひじき
ちなみに、ひじきを迎えた時には、パピーらしからぬ落ち着きっぷりに、これまたおどろきました。

読んだよ~♪のぽちっ!をいつもありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村