犬と仲良くごきげん♪な暮らし

自分の中から支配的な発想を一掃する

こんばんは!グリグリの藤です。

エアコンをずっと稼働させているのに、寝苦しくて夜中に目が覚めたら、かのこが胸の上にどっかりと乗って寝ていました。

寝苦しいはずだわ(^_^;)

部屋の中で、それぞれが好きな場所で、好きなように寝ているわが家の毛むくじゃら達。

ひじきは、私と一緒に布団に入って寝ることが多いですが、暑い時期は、布団や床の上に寝ころがっています。

小麦は、サークル内のベッドです。

1歳ごろまでは、小麦も一緒の布団で寝ていました。

ですが、とぉちゃんの寝相が悪く、蹴られてビックリした小麦が、とぉちゃんを咬むことが度々起こりました。

また、てんかんの発作が夜中に起きることが多く、私が寝ていると、対応が遅れてケガにつながるので、小麦はサークルの中で寝てもらっています。

※小麦はてんかんの発作で、咬んだり、暴れることがあります。

以前、この話を犬と暮らしている知り合いにしたら、「やっぱり犬と一緒に寝ちゃいけないんだ。」と言われました。

彼女の話をよくよく聞いてみると、「犬が人の上に立つから」という支配的な発想からでした。

犬が問題行動を起こすのは、犬が人の上に立って人のことを支配しようとしているからで、それを防ぐため(犬を下にするため)に、やるべきこととして言われていることがたくさんありますね。

例えば、ベッドやソファーの上にあげないとか、飼い主より先に、犬がご飯を食べないとか、ドアや門をくぐらないとか。

他にも色々・・・。

犬が問題行動を起こすのは、人を支配しようとしているからなのでしょうか?

また支配されないように、上記のようなルールを徹底すれば、問題は起きないのでしょうか?

ビックリして反射的に咬んでしまうことは、自分の身を守るための行動ですから、小麦が咬むのもいたし方ないことで、支配しようとしての行動ではないですよね。

直すべきなのは、小麦が咬むことではなく、原因であるとぉちゃんの寝相(蹴り)です。

サークルで寝るのも、お互いの安全と安心を守るためです。

そして、サークルで寝るようにしてからも、他に問題が起きなかったわけではありません。

以前にも書きましたが、問題行動には、必ず原因があります

行動を理解して犬の気持ちに寄り添いたい こんばんは!グリグリの藤です。 気がつけば、7月も後半ですね。 部屋中に干された、乾かない洗濯物を見て、うんざり(^...

問題が起きた時、解決するためには、原因を見出すことが大事です。

支配的な発想が先入観としてあると、問題の本当の原因を見えなくしてしまいます。

また支配する、されるという関係では、お互いにずっと戦い続けなければならないですから、仲良く楽しい暮らしとは、かけ離れていきますよね。

自分の中で信じてきたものを崩すことは、なかなか難しく、勇気がいることですが、自分の中から支配的な発想を一掃したところから、犬との仲良く、ごきげん♪な暮らしがはじまると思います。

科学的に否定されている考え方が、いまだに広く支持されていて、本やネット、犬のプロやご近所の犬飼さんからもらうアドバイスなどなど、あらゆるところで多く見聞きします。

それらを鵜呑みにしたり、惑わされないように、犬について学んだり、考えることは、ずっと続けていきたいですね。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村